アマノコーヒーは最高クラスの生豆しか使用しておりません

正規ディラーにしか取引を許されない高グレード・高品質の生豆だけを輸入しております。
鮮度にこだわり、納得のいく品質のものしかあつかいません。
生豆は珈琲の命。ここに妥協はありません。

正規ディーラーの証明書

産地政府より正式に承認された珈琲生豆の輸入業者である証。この証明書があるからこそ生産量の少ない良質の珈琲生豆を取り扱うことが出来ます。

※画像をクリックすると拡大表示されます。

規格:サントスNo2.♯18 サンマリノ
ブラジルのセラード地方。その中でもっとも肥沃なカルモ・ド・パラナイーバ地区の高度1,200〜1500メートルの高原が生産地になります。
真赤に完熟したチェリーをそのまま樹上で熟成させる独特の栽培方法で、熟成豆だけを取り出しサンドライ(天日乾燥)方式で乾燥させて精製しています。
香りが高く、甘み・コクのあるのが特徴です。

規格:SUP(スプレモ)→スクリーン18UP
コロンビア北部サンタンデール、ボヤカ、ノースサンタンデール周辺地域を産地とし、1年中良質のコーヒーが収穫できます。
品質管理能力や選別能力に優れブカラマンガ市内に自社工場のある輸出業者に委託しています。
品種はティピカ、カツィーラ。
香ばしい芳香なフレーバーとマイルドな酸を持ち、程よいボディがあります。ユニフォームも良くクリーンなバランスがあります。

規格:マタリ G-9
マタリはイエメンのベニーマタール地区を産地とし、ほかにシャーキ、サナニ、ホディダとある銘柄の中で最高級のものです。
この地方では雨が多くコーヒーの生育に理想的な地となっており、モカ港は中世には欧州とのコーヒー貿易の拠点として繁栄しました。
モカ特有のシナモンフレーバーとまろやかな酸味をもちます。


大手にはまねの出来ない丁寧な焙煎

各々の豆には当然のように固有の最適な焙煎があります。私たちはブレンドつくるとき、生豆の状態でブレンドして焙煎する事はありません。
その日その日の温度、湿度を感じ取り、豆の性質を考え、一種類一種類じっくりと丁寧に焙煎しブレンド。
私たちのようなものだからこそできるあたりまえのブレンド製法を創業以来続けています。
お客様の納得いくまで、お客様だけのオリジナルなブレンドを創れるのも、職人による本当の手作りだからです。

株式会社 アマノコーヒー